> > IECに電気エネルギー貯蔵システムの専門委員会、東芝・日立の提案で日本が主導

IECに電気エネルギー貯蔵システムの専門委員会、東芝・日立の提案で日本が主導

 印刷 記事を保存

東芝と日立製作所は、国際電気標準会議(IEC)に電気エネルギー貯蔵システム(EES)に関する新たな専門委員会(TC)の設立を提案し、10月1日のIECオスロ大会において承認された。本TCは、スマートグリッド分野で初めて日本が主体となって設置されるもので、このTCの運営を行う国際幹事に日本が選ばれた。

これにより、日本企業が強みを有する電気エネルギー貯蔵システムの分野において、国際標準化の議論を主体的にリードし、グローバルなビジネス展開につなげていくことが期待される。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.