> > IECに電気エネルギー貯蔵システムの専門委員会、東芝・日立の提案で日本が主導

IECに電気エネルギー貯蔵システムの専門委員会、東芝・日立の提案で日本が主導

記事を保存

東芝日立製作所は、国際電気標準会議(IEC)に電気エネルギー貯蔵システム(EES)に関する新たな専門委員会(TC)の設立を提案し、10月1日のIECオスロ大会において承認された。本TCは、スマートグリッド分野で初めて日本が主体となって設置されるもので、このTCの運営を行う国際幹事に日本が選ばれた。

これにより、日本企業が強みを有する電気エネルギー貯蔵システムの分野において、国際標準化の議論を主体的にリードし、グローバルなビジネス展開につなげていくことが期待される。

また、両社は、今回の国際提案に際して、日本工業標準調査会のトップスタンダード制度を活用した。本制度は、ISOまたはIECに対して迅速な国際標準化提案を図る制度で、国際標準化活動が活発化している状況を踏まえ、技術的に新しい分野や様々な業種が横断的に関係する分野などにおいて迅速な国際標準提案を支援するもの。

地球温暖化防止のためのCO2削減策として、太陽光風力等の再生可能エネルギーの普及に対する要請が高まる中、出力が不安定な再生可能エネルギーの導入と、電力品質の確保を両立するため、世界各国で蓄電池などの電気エネルギー貯蔵システムの導入が進められている。電気エネルギー貯蔵システムの設置にあたっては、安全面や環境面のリスク、系統連系における技術的課題、社会的に最適な評価指標等が必要とされているが、電気エネルギー貯蔵システムの分野は、IECにおいて新しい技術領域であることから、これまで全体を扱う適切な検討の場が存在しなかった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.