> > IHIと米ボーイング社、再生型燃料電池システムの搭載飛行試験に成功 世界初

IHIと米ボーイング社、再生型燃料電池システムの搭載飛行試験に成功 世界初

 印刷 記事を保存

IHIとIHIエアロスペースは、米ボーイング社と共同で「再生型燃料電池システム」を民間航空機に搭載し、飛行実証することに成功した。再生型燃料電池システムの飛行実証は世界初。IHIは、今回得られた経験をもとに、再生型燃料電池の小型化、大出力化の改良を進め、航空機の低燃費及び環境負荷低減に寄与する将来の民間航空機用補助電源の製品化に向けた検討を行っていく。

再生型燃料電池は充電可能な燃料電池であり、推力として使用されるジェットエンジンとは独立して電力を供給することができる。また、副産物は水のみで、省エネルギー化、二酸化炭素排出削減が可能なため、航空機の環境負荷を低減することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.