> > NTTテレコン、集中監視システムを利用した太陽光発電量監視サービスを開始

NTTテレコン、集中監視システムを利用した太陽光発電量監視サービスを開始

 印刷 記事を保存

NTTテレコンは、自動検針・集中監視システム「テレコンスマートサービス24」を利用したソーラー発電量監視サービスを10月9日より本格的に開始した。同システムを利用するガス事業者が太陽光発電事業に参入する場合の付加価値サービスとして、また、太陽光発電事業を展開中のガス以外の事業者にも低コストの発電量監視サービスとして提案していく。

同社では、ガス事業者に対して、検針業務からメーター制御まで、システム経由で効率的に業務を行うことができる自動検針・集中監視サービス「テレコンスマートサービス24」を提供している。ソーラー発電量監視サービスでは、この自動検針・集中監視サービスを利用すれば、端末機器(クランプ式電流センサ、NCUアダプタ、NCU)を用意するだけでサーバ等を設置することなくサービスを開始することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.