> > ミスターマックス、山口県や福岡県などでメガソーラー 店舗の屋根で計9MW

ミスターマックス、山口県や福岡県などでメガソーラー 店舗の屋根で計9MW

記事を保存
ミスターマックス、山口県や福岡県などでメガソーラー 店舗の屋根で計9MW

ディスカウントストアを展開するミスターマックス(福岡県福岡市)は、自社が運営する店舗やショッピングセンターの屋根、土地を利用して太陽光発電システムの設置を開始すると発表した。ショッピングセンター14カ所へ太陽光パネルを設置し、総発電能力約9MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を行う。2013年2月以降順次事業を開始する予定。総投資額は21億円。

今回、太陽光発電設備を設置する14カ所のショッピングセンターの所在地(発電能力)は、茨城県(305kW)、山口県(2,733kW)、福岡県(1,975kW)、長崎県(273kW)、熊本県(1,497kW)、大分県(1,281kW)、宮崎県(702kW)。設計・施工は、西日本地区は、新出光の100%子会社である新出光ファシリティーズ、関東地区はシャープアメニティシステムが担当する。

本事業による年間想定発電量は約8,900千kWh。これは一般家庭の年間電力消費量約2,500戸分にあたり、CO2削減効果は年間約4,200tを見込む。設置場所は順次拡大していく予定で、将来的には総発電能力10MW以上を目標としている。

本事業は7月に開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用した太陽光発電事業として実施するもの。売電収益を活用してさらなる再生可能エネルギーへの再投資を行うほか、発電した電力の自家消費についても、今後検討していく計画だ。

同社では、昨今の電力供給不足の対策として、また、よりクリーンな太陽エネルギーの活用による環境負荷低減によって、社会貢献に資するものと位置付けている。これまでにも同社は、環境配慮型商品の積極的な販売や、店頭におけるリサイクル活動など、事業活動を通じ、省資源・省エネルギーなどの環境保全に注力してきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.