> > 歩行時の圧力を熱に変換する、発熱クッション材入りの靴が登場

歩行時の圧力を熱に変換する、発熱クッション材入りの靴が登場

 印刷 記事を保存

福岡県のシューズメーカー ムーンスターは、ミセスのためのデイリーコンフォートシューズ「Eve(R)(イブ)」シリーズに、歩行時の運動エネルギーを熱に変換する「発熱クッション」を搭載した新モデルを加え、10月上旬から全国の靴専門店・量販店で順次販売する。価格は「EVE 191A」が6,195円、「EVE 022WP」が5,145円。

発熱クッションは、スピーカーなどに使われる制振材の発熱メカニズムをヒントに同社が3年かけて独自開発した特殊素材で、特許も取得している。歩行によるクッションの収縮を熱に変換する機能があり、10分間の歩行で通常の靴よりも靴内温度が3℃暖かくなることが確認されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.