> > 東武鉄道、メガソーラー事業に参入、栃木県佐野市で貨物ヤード跡地を活用

東武鉄道、メガソーラー事業に参入、栃木県佐野市で貨物ヤード跡地を活用

 印刷 記事を保存

東武鉄道と、100%子会社の東武エネルギーマネジメントは、栃木県佐野市の東武佐野線葛生駅南側の貨物ヤード跡地を活用して、メガソーラー(大規模太陽光発電)事業を開始すると発表した。発電規模は約1MW。2013年夏の発電開始を予定している。

東武鉄道では、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用したメガソーラー事業に東武グループとして参入する。環境保全活動を推進する環境理念のもと、社有地など保有資産を有効活用し、環境の負荷低減への対策を進めるのが目的。また、本事業への参入により、太陽光利用をはじめとする発電事業、再生可能エネルギーの活用、および鉄道・分譲事業への展開に向けてのノウハウを蓄積し、さらなる事業展開を図っていく考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.