> > 三菱商事、インドネシアで世界最大級の地熱発電の運営・開発に参画

三菱商事、インドネシアで世界最大級の地熱発電の運営・開発に参画

記事を保存
三菱商事、インドネシアで世界最大級の地熱発電の運営・開発に参画

三菱商事は、インドネシアで日本企業として初めて地熱発電の運営・開発に参画する。同国ジャワ島において2000年以来、安定して商業運転を続けているワヤン・ウィンドゥ地熱発電所等の運営を統括するスターエナジー・ジオサーマル社(Star Energy Geothermal Pte Ltd.)の株式20%を取得すると発表した。本件は、同社として、インドネシアでの、また、地熱分野においても初めての発電事業への参画となる。

同国では、今後2020年までに、総計約600万kWにも上る新規地熱発電案件の開発が計画されている。今後、同社は、スターエナジー・ジオサーマル社を核として、ワヤン・ウィンドゥ発電所の拡張事業を含め、インドネシアにおいて複数の地熱発電事業を開発・運営していくことを目指す。さらに、これまで培ってきた電力事業の経験と、今後習得していく同地熱発電所の運営ノウハウを活かし、同国政府が推進する地熱開発計画に参画していくとともに、日本をはじめとする他の有望な地熱資源を保有する国においても、地熱発電事業に取り組んでいく考えだ。

ワヤン・ウィンドゥ地熱発電所は、約1万3,000haの契約鉱区を有し、発電規模は42万kWと地熱発電としては世界最大級。また、広大な茶畑の中にあり、環境に配慮した世界で最も美しい地熱発電所としても知られている。同発電所は現在23万kWが稼働中だが、地熱貯留層の蒸気量、温度の高さ、圧力共に現存する地熱発電の中ではトップクラスで、今後の増設計画も高い確度で見込まれている。増設計画が実現した場合の本発電所の総事業費は約10億ドル程度となる見通し。

インドネシアは、内需主導で、現在も高い経済成長を維持しており、人口・産業が集中するジャワ島においては中長期的に年率7~8%の高い電力需要の伸びが見込まれている。そのため同国では、新規電源開発を国家的な課題としている。中でも地熱発電は、他の再生可能エネルギーと比べて稼働率が高い上に環境への負荷が低く、また、同国の世界最大級の約2,900万kWの推定資源量を活用するために、前述の国産エネルギーの地熱発電の開発に注力する方針を示している。

同社は、中期経営計画2012で「インフラ・地球環境事業」を全社戦略分野と位置づけており、本件のような再生可能エネルギーを含む発電・送電事業、並びに、環境・水・インフラ事業に注力していく方針を掲げている。中でも発電事業においては、今後、2015年までに、全世界での持分容量を、現在の430万kWから600万kWに引き上げ、うち約1~2割を地熱・風力・太陽光などの再生可能エネルギーで賄う計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.