> > 三菱商事、インドネシアで世界最大級の地熱発電の運営・開発に参画

三菱商事、インドネシアで世界最大級の地熱発電の運営・開発に参画

 印刷 記事を保存

三菱商事は、インドネシアで日本企業として初めて地熱発電の運営・開発に参画する。同国ジャワ島において2000年以来、安定して商業運転を続けているワヤン・ウィンドゥ地熱発電所等の運営を統括するスターエナジー・ジオサーマル社(Star Energy Geothermal Pte Ltd.)の株式20%を取得すると発表した。本件は、同社として、インドネシアでの、また、地熱分野においても初めての発電事業への参画となる。

同国では、今後2020年までに、総計約600万kWにも上る新規地熱発電案件の開発が計画されている。今後、同社は、スターエナジー・ジオサーマル社を核として、ワヤン・ウィンドゥ発電所の拡張事業を含め、インドネシアにおいて複数の地熱発電事業を開発・運営していくことを目指す。さらに、これまで培ってきた電力事業の経験と、今後習得していく同地熱発電所の運営ノウハウを活かし、同国政府が推進する地熱開発計画に参画していくとともに、日本をはじめとする他の有望な地熱資源を保有する国においても、地熱発電事業に取り組んでいく考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.