> > 京都でナノテクと伝統工芸の融合デザイン車デモ走行

京都でナノテクと伝統工芸の融合デザイン車デモ走行

 印刷 記事を保存

'09年電気自動車イヤー目前!
京都電気自動車プロジェクト

京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(以下VBL)が開発した環境に優しい乗り物「京都風電動アシスト人力車」と「京都風竹型電気自動車」のデモ走行が10月30日と11月2日、京都嵯峨鳥居本周辺と京都高度技術研究所で行なわれた。三菱自動車、BMWなど国内外の大手自動車メーカーが本格市場投入を開始することから2009年は電気自動車イヤーとなりそうだ。

VBLは、伝統文化と先端技術の融合による環境負荷を抑えた電気自動車を開発し、京都議定書発祥の地から世界に発信する「京都電気自動車(Kyoto-Car)プロジェクト」を平成19年度にスタート。これまでVBLが核となり、多数の公的研究所や民間企業などの協力を得て、ナノテクノロジーやロボットテクノロジー、京友禅(コンピュータ・グラフィクス)、漆などの伝統工芸・自然素材を取り入れた「粋」で環境に配慮した1/10スケールのコンセプトカー計10台を作製し、発表してきた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.