> > 日本・EUが太陽光発電、蓄電池、CO2回収・貯留で戦略的連携

日本・EUが太陽光発電、蓄電池、CO2回収・貯留で戦略的連携

 印刷 記事を保存

昨年の閣僚級会合合意に基づきワークショップ開催

本部和彦氏とラファエル・リベラーリ氏

経済産業省資源エネルギー庁次長・本部和彦氏と欧州委員会研究総局エネルギー局長・ラファエル・リベラーリ氏

日本とEUの次代のエネルギー政策を見据えた、第1回目の「エネルギー技術開発に関する日EU戦略ワークショップ」(議長:経済産業省資源エネルギー庁次長・本部和彦氏、欧州委員会研究総局エネルギー局長・ラファエル・リベラーリ氏)が3月6日~7日、東京にて開催された。これは昨年、閣僚級会合で合意したエネルギー分野での研究開発協力、科学技術協力協定(仮署名)に基づいたもので、現在、世界的に問題となっている気候変動の主要因と考えられるCO2の排出量削減と、新たな革新的エネルギー技術の開発を目的としたものだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.