> > 国内住宅リフォーム市場の調査 2015年度は2011年度比12.6%増

国内住宅リフォーム市場の調査 2015年度は2011年度比12.6%増

 印刷 記事を保存

富士経済は、2012年5月から8月にかけ、景気回復や参入企業の事業拡大、東日本大震災からの復興需要、政策支援などが寄与し、穏やかながら市場拡大している国内の住宅リフォーム市場を調査し、その結果を報告書「2012年版 住宅リフォーム市場の現状と将来展望」にまとめた。

2010年度から回復へ向かった住宅リフォーム市場は、2011年度は東日本大震災の発生を受けて市場回復に歯止めがかかったが、その後は被災地周辺では修繕リフォーム、全国的には住宅用太陽光発電システムや家庭用燃料電池の引き合いが急増し、市場全体としては前年度比1.3%増となった。

2012年度は、職人不足等で対応しきれなかったリフォーム需要の取り込みが進み、前年度よりは市場の伸びが大きくなると見込まれる。2013年度と2015年度は、段階的な消費増税を受け駆け込み需要が期待され、2015年度の国内住宅リフォーム市場は2011年度比12.6%増の8兆5295億円になると予測される。市場の拡大幅は大きくなるが、2016年度以降にはその反動があると推測される。

【1】主要元請業態別市場(元請金額ベース)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.