> > NEC、英国の大学とICTを活用した水資源のマネジメントシステム開発で提携

NEC、英国の大学とICTを活用した水資源のマネジメントシステム開発で提携

 印刷 記事を保存

NECは、英国インペリアル大学とスマートシティ分野で共同研究を開始すると発表した。両者は水資源の有効活用をICTで実現するスマートウォーターマネジメント(Smart Water Management)を研究するためのプロジェクトを立ち上げることで合意した。同大学の研究室に同社の研究者を派遣し共同研究を推進する。

インペリアル大学は英国最大の工科大学で、スマートシティ分野の研究では産学協同プロジェクトをいち早く推進するなど、世界最先端の学術機関と目されている。共同プロジェクトのリーダーとなるDavid Gann教授は、同大学のビジネススクール、および都市環境エンジニアリング部門の座長を勤め、スマートシティ分野における世界的な権威の一人。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.