> > 太陽光発電システムの発電量を10~20%アップさせる反射シート

太陽光発電システムの発電量を10~20%アップさせる反射シート

記事を保存
太陽光発電システムの発電量を10~20%アップさせる反射シート

エネルギーファームは、太陽光発電の発電量を10~20%アップできる発電シート「太陽光発電アシストシート」を発表した。同製品は、架台の前部、通路、背面部などに反射シートを設置し、これまで利用できなかった光を太陽光パネルに集めるもの。

反射面にアルミを蒸着させ太陽光の反射が効率的に行えるようになっており、設置箇所の組み合わせにより様々な角度の光をパネルに集め発電効率を高める事が可能。陸屋根や野立て工法等のパネルの角度が20℃~30℃の角度で設置してある場合、集光した光の受光面が大きくなり発電効率が高くなる。新設、既設のいずれにも設置可能。標準価格は、1MWの発電所に反射シートを8,000平米施工した場合、施工費込でm2当たり650円からを想定。

同製品の特長は以下の通り。

  • 「光反射シート」と「反射板」で構成され、陸屋根、野立て、置き基礎工法などで設置された架台の前部、通路、背面部に反射シートを設置して集光し、太陽光パネルの発電効率をアップさせる。
  • 鏡面仕上げのタイプと、エンボス加工を施して乱反射を利用するタイプがあり、最大効率を生むよう、設置場所に合わせた最適な組み合わせで施工。
  • 強風対策として架台前部、背後部への取り付けは反射シート上面リングにワイヤーを通し吊り下げ、強風時の風を逃げやすい構造とし架台への影響を低減。
  • 設置は架台の柱部分にワイヤーを取り付け、シートの金具に通し取り付ける方法が標準であり、施工を簡略化。
  • 太陽光発電量を向上させるには、太陽光を効率的に太陽光パネルに受けることが重要で、通常の太陽光パネルも、最適な設置角度や方位に基づいて設計設置されている。しかし、太陽光の照射角度は四季によって大きく異なり、季節や照射角度によっては、太陽が出ているにもかかわらず、太陽光パネルに光が当たらなかったり、光が弱くて利用できなかったりするため、今までこうした条件下での光の利用は諦められていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.