> > 東京都、太陽光発電用に貸し出す「屋根」を募集 セミナーも開催

東京都、太陽光発電用に貸し出す「屋根」を募集 セミナーも開催

記事を保存
東京都、太陽光発電用に貸し出す「屋根」を募集 セミナーも開催

東京都は、「発電事業者」と太陽光発電設置用に貸付けを希望する「屋根」を募集し、「屋根貸しビジネス」をマッチングする事業において、発電事業者の募集を行い、全35事業者を登録・公表した。

続いて、太陽光発電用に貸し出しを希望する「屋根」を募集する。今後、応募のあった「屋根」を登録し、建物所有者が選んだ登録発電事業者に、屋根の情報を提供する。

また、11月27日に、登録発電事業者と建物所有者等が集い、屋根貸しビジネスについての理解を深める「太陽光発電屋根貸しセミナー」を開催する。

今回、発電事業者として登録されたのは、屋根貸しビジネスの実績がある、環境経営戦略総研やロハスソーラージャパンなど6事業者、太陽光発電販売・施工等の実績がある、シャープやSBエネジーなど17事業者、その他の12事業者の合計35事業者。

今回、募集を開始した貸付けを希望する都内の建物の屋根の要件は、1.概ね20年間の貸付が可能であること、2.日照条件が良好なこと、3.太陽光発電の設置可能な屋根面積が150m2以上であること(複数の屋根をまとめて150m2以上としたものも可)。150m2は6人制バレーボールのコート(162平方メートル)程度の広さとなる。また、発電事業者の多くは20年間の賃貸借を希望しているが、屋根条件や賃料等により賃貸借期間を短縮可能な場合もある。募集期間は平成24年10月25日(木)~平成25年2月28日(木)(必着)。

太陽光発電「屋根貸し」セミナーは、11月27日(火)10:00~12:00に、都庁で開催する。都から「屋根貸しビジネス」マッチング事業についての説明、「屋根貸しビジネス」の実績のある登録発電事業者からから具体的な内容についての紹介を行った後、会場に個別ブースを設けて、登録発電事業者と建物所有者の個別相談を開催する。

なお、本事業は、都が「屋根貸しビジネス」を推進するため、発電事業者や屋根情報の登録・紹介を行うものであり、都は個別の契約等に対して責任は負わない。

【参考】
東京都 - 屋根は資産!太陽光発電用に貸し出す「屋根」を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.