> > NTTドコモ、燃料電池を基地局の非常用電源に導入、長期停電対策を発表

NTTドコモ、燃料電池を基地局の非常用電源に導入、長期停電対策を発表

 印刷 記事を保存

NTTドコモは、基地局における災害時などの長期停電対策の新たな取り組みとして、燃料電池の導入及び遠隔制御による装置の省電力化について発表した。燃料電池は、従来設備よりも軽量かつ省スペースで長時間利用できるものを、基地局の非常用電源として2013年3月から導入する。

また、遠隔制御による装置の省電力化は、災害時などに遠隔操作で基地局の消費電力を抑制できる機能を開発し、全国の対象基地局へ導入が完了した。これらにより、今後は長期停電が発生した際も携帯電話サービスをより長時間使うことができるようになる。

具体的な取り組みの概要は以下の通り。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.