> > NTTドコモ、燃料電池を基地局の非常用電源に導入、長期停電対策を発表

NTTドコモ、燃料電池を基地局の非常用電源に導入、長期停電対策を発表

記事を保存
NTTドコモ、燃料電池を基地局の非常用電源に導入、長期停電対策を発表

NTTドコモは、基地局における災害時などの長期停電対策の新たな取り組みとして、燃料電池の導入及び遠隔制御による装置の省電力化について発表した。燃料電池は、従来設備よりも軽量かつ省スペースで長時間利用できるものを、基地局の非常用電源として2013年3月から導入する。

また、遠隔制御による装置の省電力化は、災害時などに遠隔操作で基地局の消費電力を抑制できる機能を開発し、全国の対象基地局へ導入が完了した。これらにより、今後は長期停電が発生した際も携帯電話サービスをより長時間使うことができるようになる。

具体的な取り組みの概要は以下の通り。

今回、基地局の非常用電源として、導入する燃料電池は、従来の基地局バッテリー24時間化のために設置されている鉛蓄電池と比較すると、重量が約14分の1、容積が約2分の1。軽量・小型化されるうえ、非常用電源として40時間以上運用することが可能になる。当初は燃料として消防法上の危険物に該当しない濃度60%未満のメタノール水溶液を使用し、将来的にはバイオ燃料化も検討する予定。これにより環境にやさしいエコ発電を実現する次世代グリーン基地局を推進する。今年度中に関東甲信越の一部基地局への先行導入を開始し、2013年度から順次他地域の基地局への導入を目指す予定。

遠隔制御による装置の省電力化の機能は、遠隔操作で基地局の装置もしくはその一部ごとに電源ON/OFFの制御を可能とするもので、この制御により電力消費を抑制することで、非常用電源を長持ちさせることができる。これまでは停電等で基地局装置が非常用電源による運用を余儀なくされた場合、現地へ駆け付け、現地作業による省電力化を実施することで電力消費を抑制していた。今後は本機能により省電力化をおこなうことで、携帯電話サービスをより長時間提供することが可能となる。本機能はソフトウェア変更により2012年4月から導入し、7月に全国の対象基地局に導入完了した。すでに2012年7月の九州豪雨、9月の台風17号の際にも運用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.