> > 住友3M、日射熱40%カット、熱量放出20%減の透明遮熱断熱フィルム開発

住友3M、日射熱40%カット、熱量放出20%減の透明遮熱断熱フィルム開発

記事を保存
住友3M、日射熱40%カット、熱量放出20%減の透明遮熱断熱フィルム開発

住友スリーエムは、夏冬を通じて省エネ・節電に貢献する透明性が高い遮熱断熱フィルム「3M(TM)スコッチティント(TM)ウインドウフィルムLE65CLAR」の販売を開始した。同製品は、透明、遮熱、飛散防止に加え、冬季の断熱特性を兼ね備えたのが特長。設計施工価格は1万4000円/m2。

同製品は、金属層を持つポリエステルフィルムにより、窓ガラスから室内へ侵入する日射熱を約40%カットする遮熱効果があり、夏季の室温上昇を抑える。また、金属層とその室内側に施したハードコート層の最適化により、室内の熱を効率的に反射できるので、室内が暖かい冬季には窓ガラスから室外へ出ていく熱量を約20%軽減する断熱効果を発揮し、室温低下を抑制する。

さらに、ハードコート層があることで、施工作業性や日常のメンテナンス性を損なうことがないうえ、JISが定める飛散防止性能や、紫外線カットの特性も兼ね備えている。

なお、同製品は、三波長型の蛍光灯、水銀灯やメタルハライドランプなどの照明環境下、特に夜間において顕著な虹彩模様が発生するため、導入は勧めていない。

3Mは、1967年にウインドウフィルムを開発したウインドウフィルムのパイオニア。遮熱、ガラスの飛散防止、防犯などの機能を果たすフィルムの開発を重ね続けることで、ガラスの機能を高め続けてきた。断熱フィルムについても、性能のさらなる進化を図り、ガラスのトータルパフォーマンスの向上に貢献したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.