> > 食品のサステナビリティ認証は調達、マーケティングにどう活かす?

食品のサステナビリティ認証は調達、マーケティングにどう活かす?

記事を保存

サステナブル・フード・ビジネス研究会は、11月14日、食品事業者を対象に、サステナビリティ・セミナー「食料安全保障危機の時代、認証制度はフードシステムのサステナビリティをどこまで改善できるか?」を開催する。

本セミナーでは、食品事業者のバイヤーや原材料調達者が、どのようにフードシステムにおける認証制度を活用できるか、あるいは長期に安定した調達、供給実現に向けて、今どのような施策に取り組むべきか、を考える。

具体的には、世界的に認知度の高い「UTZ Certified」「フェアトレード・ラベル・ジャパン」「レインフォレスト・アライアンス」の3つの認証団体のエキスパートを招き、それぞれの認証制度のより詳しい紹介を聞き、上手な認証の使い方と、うまくいかない認証の使い方の違いについて学ぶ。

また、認証システムが今どのような課題に直面しているか、そして、普及に向かってフードシステムを改革するには何が必要か、私たちに何ができるのか、についてエキスパートから話を聞く。

第一部は、プレゼンテーションとパネル・ディスカッション形式で、そして第二部では、参加者による対話を交えて、プレゼンテーターたちとのより突っ込んだ議論・対話の場として実施する。

開催日時は、11月14日(水)、第一部13:00~15:30、第二部16:00~18:30。会場はちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区)。参加費は第一部が一人2,500円、第一部及び第二部は一人5,000円。同研究会メンバー企業は無料。参加希望者は同会までメールで申し込む。なお、第二部は、同研究会のセッションだが、メンバー以外もオブザーバーとして参加できる。

サステナブル・フード・ビジネス研究会は、研修、ファシリテーション・コンサルティング等を手がけるチェンジ・エージェントが主宰する研究会。同社はアル・ゴア氏の著書『不都合な真実』の翻訳者としても知られる枝廣淳子氏が取締役会長を務める。

【参考】
チェンジ・エージェント - 食料安全保障危機の時代、認証制度はフードシステムのサステナビリティをどこまで改善できるか?セミナー詳細

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.