> > 関西電力、電気料金値上げを検討 原発再稼働の目処立たず

関西電力、電気料金値上げを検討 原発再稼働の目処立たず

 印刷 記事を保存

関西電力は、電気料金の値上げの具体的な検討を開始した。同社は、10月29日に平成24年度第2四半期決算を発表したが、大飯発電所3、4号機以外の原子力プラントが再稼動の目途が立たず、火力燃料費等の負担が大幅に増加し、収支は極めて厳しい状況となっている。

同社は、引き続き原子力の再稼動に総力を結集するとともに、徹底した経営効率化に最大限の努力を積み重ねながら、電力の安全・安定供給に尽くしたい考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.