> > 神奈川県の変電所で国内初の高温超電導ケーブル試験 液体窒素で冷却

神奈川県の変電所で国内初の高温超電導ケーブル試験 液体窒素で冷却

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高温超電導ケーブル実証プロジェクト」において、東京電力、住友電気工業、前川製作所は、高温超電導ケーブルを電力系統に連系する、国内で初めての超電導送電の実証試験を開始した。同プロジェクトの実施により、安定的かつ高効率な電力供給のための技術開発を行い、超電導ケーブルの初期市場形成と新規産業の創出に貢献することを目指す。

この実験では、同事業を通じて開発した、超電導送電を可能とする世界最大容量(20万kVA級)の三心一括型の超電導ケーブルを、東京電力の旭変電所(神奈川県横浜市)内に全長約240mにわたり設置、液体窒素を用いた冷却により超電導状態を維持し、電力系統に連系することでケーブルの実系統での運用性や信頼性、安定性を検証する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.