> > 長野県、地域のエネルギー自給率を向上させる取り組みに補助金

長野県、地域のエネルギー自給率を向上させる取り組みに補助金

記事を保存

長野県は、市町村及び民間団体が実施するコミュニティレベルでのエネルギー自給率を向上させる取り組みに対して、補助金を交付する。自然エネルギービジネスの事業化を支援する、平成24年度自然エネルギー自給コミュニティ創出支援事業の補助対象事業として募集を開始した。

本事業は、市町村及び民間団体が行う自然エネルギー等によるエネルギー自給コミュニティを創出する地域のモデル的な自然エネルギービジネスの事業化に対して、経費の一部を補助するもの。地域の特性を活かしてコミュニティレベルでのエネルギー自給率を向上させることで地域社会経済の活性化を図るのが目的。募集期間は10月30日から11月30日午後5時(必着)まで。12月中旬までに事業を採択する。

補助対象となるのは、1.自然エネルギー100%コミュニティ創出事業、2.革新的自然エネルギービジネスモデル等構築支援事業、3.次世代自動車(電気自動車プラグインハイブリッド自動車)導入・利活用推進事業、の3つの事業メニュー。平成25 年3月末までに完了する事業が対象となる。

事業メニューと補助対象者、概要、補助率及び補助金上限額等は以下の通り。

1.自然エネルギー100%コミュニティ創出事業

補助対象者:市町村
概要:地域の関係者との協働による地域特性を活かしたコミュニティレベルでのエネルギー自給率を向上させる先進的な取り組み
補助率及び補助金上限額等:
(1)可能性調査・計画策定・設計、2分の1以内、100万円
(2)機器設備導入・実証事業、2分の1以内、500万円

2.革新的自然エネルギービジネスモデル等構築支援事業

補助対象者:民間団体
地域の関係者が連携又は協働して地域の自然エネルギー自給率の向上に資する革新的かつモデル性の高い自然エネルギービジネスモデル等を構築する取り組み
補助率及び補助金上限額等:
(1)可能性調査・計画策定・設計、2分の1以内、100万円
(2)自立したビジネスモデルに有効な機器設備導入・実証事業、3分の1以内、500万円

3.次世代自動車(電気自動車・プラグインハイブリッド自動車)導入・利活用推進事業

補助対象者:市町村
概要:電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の導入・利活用を促すモデル的な取り組み
補助率及び補助金上限額等:
(1)可能性調査・計画策定・設計、2分の1以内、20万円
(2)充電器設置工事等、2分の1以内、100万円

【参考】
長野県 - 「自然エネルギー自給コミュニティ創出支援事業補助金」の第3回募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.