> > 全5日間、260世帯によるデマンドレスポンス実験、計1,381kWhを節電

全5日間、260世帯によるデマンドレスポンス実験、計1,381kWhを節電

記事を保存
全5日間、260世帯によるデマンドレスポンス実験、計1,381kWhを節電

NTTスマイルエナジーとグラモは、今夏実施した、一般家庭を対象に遠隔リモコンを用いて家電の一斉制御等をすることで、夏のピーク電力を抑制するデマンドレスポンスのトライアル「1kW LOVE」の実証効果を発表した。

これによると、全5回の実施でトライアルに参加した260世帯の協力により、合計1381kWhの節電に成功。1回の実施で平均276kWh(1世帯あたり1.06kWh)を節電したことになり、目標としていた1世帯あたり「1kWh」の削減を達成。また、トライアルを通じた1世帯あたりの1時間あたりの平均削減量は0.353kWhとなり、仮に関西地区全体の900万世帯で実施したとすると、1時間あたり318万kWhの削減効果があると試算した。

今回のトライアルでは、NTTスマイルエナジーが提供するクラウド型電力見える化サービス「エコめがね」を活用し、トライアル専用のサービスサイトを通じ、参加者がパソコン・スマートフォン・携帯電話等で電気使用量だけでなく節電量を可視化し、見やすいグラフで手軽に確認しながら節電に取り組むことを可能にした。また、トライアル参加者の節電量を合計したものを、節電所として1つの画面で表示し、「みんなで節電に取り組む」意識を持つことにも成功したとしている。

なお「1kW LOVE」は、節電モニター約300世帯が、電力供給が逼迫する午後1時から4時までの3時間節電。メールによる節電協力要請のほか、グラモの提供する遠隔家電制御リモコン「iRemocon」により、エアコンの電源を自動で切断する仕組みを提供した。

トライアル終了後、トライアルに参加した家庭に対して電力削減方法についてアンケートをとったところ「エアコンの使用を制限した」「外出した」という家庭がそれぞれ約28%になった。そのほか「子供をお風呂場で水浴びをさせて涼をとった」「子供を公園で遊ばせたりして留守をしている間に節電できた」など無理せず節電に取り組んだ声が寄せられた。

【参考】
ニュース - 日本初 遠隔操作で家電を一斉制御 デマンドレスポンスのトライアル(2012/6/1)
ニュース - スマートフォン対応、クラウド型電力見える化サービス「エコめがね」発売(2011/11/4)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.