> > テュフ ラインランド、自然環境を模擬した太陽電池モジュールの劣化試験サービスを開始

テュフ ラインランド、自然環境を模擬した太陽電池モジュールの劣化試験サービスを開始

 印刷 記事を保存

テュフ ラインランドジャパンは、横浜市にある太陽光発電評価センター(SEAC)において、太陽電池モジュールの複合加速劣化試験サービスを開始した。

本サービスは、太陽電池モジュールに対して、自然環境を模擬した、光、温度、湿度を複合的に加える(印加)ことが可能な、新しい試験サービスで、日本でこうした試験が提供されるのは初めて。

この試験により、太陽電池モジュールの充填材の劣化(剥離、黄変)などの評価が見込まれる。また、アモルファスシリコン太陽電池の光劣化現象に対する加速劣化試験としても有用とされている。この新しいサービスのために使われるチャンバー(試験装置)の特長は、太陽光紫外部の3倍までの光ストレス印加と、温度ストレスは-30~90度、湿度ストレスは最大85%Rh(相対湿度)など様々なサイクル試験が可能な点で、顧客からの要望に応じて、任意の条件設定を行うことができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.