> > 日本アジアグループ、埼玉県杉戸町でスーパー堤防を利用した太陽光発電所を開発

日本アジアグループ、埼玉県杉戸町でスーパー堤防を利用した太陽光発電所を開発

記事を保存
日本アジアグループ、埼玉県杉戸町でスーパー堤防を利用した太陽光発電所を開発

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、埼玉県杉戸町において、町所有の未利用地であるスーパー堤防(木津内高規格堤防)を有効活用した太陽光発電所「(仮称)埼玉・杉戸ソーラーウェイ」を建設すると発表した。出力規模は約0.5MW(500kW)。2013年下半期の竣工を予定している。

同社は、今回、同町と本事業の開発に向け、基本合意を締結した。立地面積は約7,796m2。年間発電量は一般家庭の約150世帯に相当する規模になる。2013年上半期に着工し、同年下半期の竣工をめざす。パネルは国産パネルを使用する予定。

本事業は、「エネルギーを大切にし、自然エネルギーを積極的に活用する町」を目標に掲げている杉戸町において初となる太陽光発電所で、本施設を中心とした環境学習、地域振興への取り組みなども期待されている。

日本アジアグループは、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する。再生可能エネルギー固定価格買取制度のもとメガソーラー発電所の開発に向け、これまでの実績により培った技術とノウハウを活用し、地域特性にあわせた太陽光発電所の開発を行うとともに、地域住民と本施設を活用した地域づくり、まちづくりへの取り組みを進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.