> > カーシェアの予約時、EVの予測電池残量から走行可能距離を算出するシステム

カーシェアの予約時、EVの予測電池残量から走行可能距離を算出するシステム

 印刷 記事を保存
帰車時の電池残量を予測するシステム

豊田通商とサージュ(神奈川県横浜市)は、電池残量と走行可能距離を予測する機能をもった電気自動車(EV)シェアリング用予約システムを開発し、超小型EV「コムス」を利用したシェアリングサービスを開始した。

本システムは、EVの特性の配慮した専用シェアリングシステムとして、「電池残量監視機能」「電池充電量予測機能」「目的地到達可否判断ロジック」を備える。サージュの基本システムをベースに豊田通商が開発した。

具体的には、車両走行中の電池消費量および充電時の回復量データを蓄積して電池残量を予測し、予測電池残量を15分単位で予約システム上に表示する。また、シェアリングの予約時に目的地を登録することで目的地までの到達可否を判断する機能を有する。これらにより、複数の人が利用するカーシェアリングでも電池残量を心配せず、安心してEVを利用することができるようにした。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.