> > 2015年のエネルギー関連システム市場、有機ELの成長で2011年比61%増

2015年のエネルギー関連システム市場、有機ELの成長で2011年比61%増

 印刷 記事を保存

富士経済は、2012年7月~9月に、エネルギー関連システムのうちリチウムイオン二次電池、パワー半導体、LED、有機EL、太陽電池向け主要製造装置の世界市場を調査した結果を「アドバンストデバイス・製造装置関連市場の将来展望 2012」にまとめて報告した。

これによると、2015年の「主要製造装置25品目市場」は、有機EL分野の成長により2011年比61%増の5678億円になると予想。「有機EL製造装置」については、大型ディスプレイ用装置の急成長により、2011年比3.8倍の3020億円になる見込み。「パワー半導体製造装置」は、2011年比69%増の740億円で、アジア、特に台湾の需要が拡大すると予想している。調査結果の概要は、以下の通り。

主要製造装置 (25品目)

2011年で最も市場が大きかったのは「LED製造装置」だったが、太陽電池が2011年まで省エネルギーを打ち出して市場を牽引したように「リチウムイオン二次電池」と「パワー半導体」が2015年に向けて成長するとともに、現在の規模は小さいが「有機EL製造装置」が市場を牽引すると予測。「LED製造装置」と「太陽電池製造装置」は縮小すると予測。

リチウムイオン二次電池製造装置

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.