> > 太陽光発電システム鑑定協会、太陽光発電システムの検査サービスを本格的に開始

太陽光発電システム鑑定協会、太陽光発電システムの検査サービスを本格的に開始

 印刷 記事を保存

太陽光発電システム鑑定協会は、10月より太陽光発電システムの検査サービスを本格的に開始した。今まで発見が比較的困難だった太陽光パネルの不具合を自動検出する装置を使用し「短時間」「低料金」の検査サービスを提供する。基本的には会員向けだが、一般ユーザーも受けられる。検査費用は、一般住宅の場合、会員2万円、非会員3万円。

同サービスでは、太陽電池アレイの不具合を自動検出する装置「SOKODES(ソコデス)」を使用。従来、太陽光パネル単位での障害個所の特定は難しく、メンテナンス上の課題となっていたが、「SOKODES」は、複数の太陽光パネルの電気抵抗を同時計測し、配線の接続不良などを即座に検知、障害個所を特定する事ができ、検査時間の短縮、低価格化を可能にした。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.