> > フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置

フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置

記事を保存

太陽光発電システムの導入などを手がけるウエストホールディングスは、フロート式水上メガソーラー発電所の開発と事業化に着手し、全国的に展開することを発表した。今年10月に、埼玉県桶川市東部工業団地内の市有地である調整池に出力1,360KWのフロート式水上メガソーラー発電所を設置する事業者として指定され、来年6月に稼働予定。

また、大阪府泉佐野市との間で同市が所有する公園池に出力2,000KWのフロート式水上メガソーラー発電所を設置する計画を進めるなど、今後1年間で全国10ヶ所、総出力20MW程度のフロート式水上メガソーラー発電所の設置を予定している。

今回の開発においては、韓国LS産電社の製品・技術を導入する。これまで国内では、30~50KW規模のフロート方式の水上型太陽光発電システムの設置事例があったが、メガソーラー規模の設置実績はない。

一方、韓国電力インフラ事業大手のLS産電社は、水上太陽電地専用モジュールを開発した上で、徹底した気象データ分析を基に最新の浮力材と係留工法を開発し、韓国水資源公団との共同で500KWソーラー発電所の設置実績を有している。そこで同社グループは、水上メガソーラー発電分野においてLS産電社と戦略的パートナー関係を構築し、LS産電社の製品、施工技術を全面的に導入することにした。

同社グループは、今年度を初年度とする5年間で全国250ヶ所・総出力50万KWと国内最大規模のメガソーラー発電所の設置を目指している。この計画実現のためには、メガソーラー発電所の適地確保が最大のポイントであり、同社グループではすでに相当数の用地を確保しているものの、メガソーラー発電事業への新規参入企業の急増等による土地賃貸借料の高騰のために、次第に適性な用地の発掘が難しくなりつつある。

そこで、この問題を解決する一手段として、天然湖沼や貯水池、調整池と呼ばれている人造湖やため池に着目し、これらの水上を有効活用するメガソーラー発電所の開発と事業化に着手することになった。

【参考】
埼玉県桶川市、池に浮くメガソーラーの事業者を募集(2012/9/14)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.