> > フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置

フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置

 印刷 記事を保存

太陽光発電システムの導入などを手がけるウエストホールディングスは、フロート式水上メガソーラー発電所の開発と事業化に着手し、全国的に展開することを発表した。今年10月に、埼玉県桶川市東部工業団地内の市有地である調整池に出力1,360KWのフロート式水上メガソーラー発電所を設置する事業者として指定され、来年6月に稼働予定。

また、大阪府泉佐野市との間で同市が所有する公園池に出力2,000KWのフロート式水上メガソーラー発電所を設置する計画を進めるなど、今後1年間で全国10ヶ所、総出力20MW程度のフロート式水上メガソーラー発電所の設置を予定している。

今回の開発においては、韓国LS産電社の製品・技術を導入する。これまで国内では、30~50KW規模のフロート方式の水上型太陽光発電システムの設置事例があったが、メガソーラー規模の設置実績はない。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.