> > 横浜で超小型電気自動車の無料貸し出し開始 11月19日から

横浜で超小型電気自動車の無料貸し出し開始 11月19日から

記事を保存
横浜で超小型電気自動車の無料貸し出し開始 11月19日から

横浜市は、日産自動車との協同プロジェクトとして、横浜都心エリアにおいて、2人乗りの超小型電気自動車(EV)を無料で貸し出し、観光客・地域住民の移動手段として活用する実験を実施すると発表した。実施期間は平成24年11月19日から平成25年1月31日まで(年末年始等の休業日あり)。

本実験では、超小型EVを8台導入、3カ所の貸出拠点を設け、1利用者一日最大3時間半程度を基本とし、無料貸出を行う予定。実施エリアは、横浜駅東口、みなとみらい21、関内、山手・元町を含む概ね横浜都心エリア。これにより、観光客・地域住民等の低炭素な移動手段としての有用性の確認等を行う。利用者には簡単なアンケートの実施を予定している。

また、車載の情報携帯端末にて車両の位置情報等を利用者に提供するほか、横浜都心エリアの低炭素化(公共交通利用促進、鉄道から超小型モビリティへの利用連携等)を目的に、貸出拠点の最寄駅まで鉄道を利用した利用者に対して、超小型モビリティの次回一日利用や日産のEV「リーフ」優待利用等の特典を付与することを予定している。

実施エリア(予定)、貸出拠点の位置・最寄駅

実施エリア(予定)、貸出拠点の位置・最寄駅(※クリックで拡大)

利用者は、専用サイトで会員登録し、後日発行の会員カードにて事前予約し、利用することができる。会員登録は、11月12日(月)13時から開始する予定。

本実験の実施主体は日産、横浜市で、運営パートナーとして日産カーレンタルソリューションほかが参画する。なお、本実験のオープニングセレモニーが、11月15日(木)10:00から日産グローバル本社で開催される。

同市では、低炭素都市を目指した次世代交通の推進、及び環境未来都市の取り組み推進に注力している。低炭素な超小型モビリティについては、日産自動車と協働で「ヨコハマモビリティ"プロジェクトZERO"(YMPZ)」の取り組みを進めている。

今回、超小型モビリティとして導入するのは、日産製超小型EV「NISSAN New Mobility Concept」。本車両は、リチウムイオン電池を搭載したEVで、最高速度は時速80km。この超小型モビリティは、平成23年10月、11月に、山手・元町エリアにおいて、商店街・観光客・地域等の移動手段への活用された実績があるほか、現在、青色防犯パトロール(栄区等)、訪問診療・看護(金沢区等)へ活用する取り組みが行われている。

【参考】
横浜市 - Yokohama Mobility Project Zero(YMPZ)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.