> > 東芝ライテック、工場、倉庫などの高天井空間向けLED照明を発売

東芝ライテック、工場、倉庫などの高天井空間向けLED照明を発売

 印刷 記事を保存

東芝ライテックは、LED照明シリーズ「E-CORE(イー・コア)」にLED高天井器具を追加し、来年1月15日より発売する。同製品は、大型の工場・倉庫などの高天井空間で使用されている1kW形メタルハライドランプ高天井器具とほぼ同等の明るさを実現したのが特長。

1kW形メタルハライドランプ高天井器具と比較して省エネで長寿命のため、長時間点灯する場所や高所などのランプ交換作業が困難な場所に適している。年間目標販売数量は全機種合計で4万台。

同製品の特長は以下の通り。

【1】省エネ・長寿命

約65%の大幅な消費電力削減が可能。寿命は6万時間でメタルハライドランプと比較しても約5倍の長寿命。電気代はもちろんランプ交換作業等のコストも大幅に削減できる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.