> > ホンダ、中国でのHV車のラインナップを強化、2014年に現地生産も

ホンダ、中国でのHV車のラインナップを強化、2014年に現地生産も

記事を保存
ホンダ、中国でのHV車のラインナップを強化、2014年に現地生産も

ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)は、中国において、ハイブリッド車(HV車)のラインアップを強化するとともに、中国現地生産に向けた準備を開始する。同社が、今回、2012年広州モーターショーの出展概要と、今後の中国での事業展開について発表した中であきらかにした。

ホンダは、2012年広州モーターショー(プレスデー:2012年11月22日、一般公開日:11月23日~12月2日)において、同社の中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車と東風本田汽車と共同で出展した。今回の広州モーターショーでは、今年7月に発表したスポーツカータイプのHV車「CR-Z」に加え、HV車「インサイト」や「フィット ハイブリッド」を発表し、2012年11月に発売を開始する。

今後もHV車のラインアップを拡大していく方針だ。また、中国の顧客に求めやすい価格で提供するために、2014年の中国でのハイブリッド車生産に向けて、準備を開始した。また、中国人デザイナーによる中国専用モデル開発強化のため、今年中に仮デザインスタジオを開設する予定。

さらに広州モーターショーでは、次世代フラッグシップセダンの方向性を示すコンセプトモデル「RLX Concept」を出展した。このコンセプトに基づいて開発した「RLX」を2013年に発売する予定。また、高級車ブランド「アキュラ」で初めてハイブリッドシステムを搭載した高級コンパクトセダン「ILX」を発表した。

ホンダが1998年に中国で四輪事業を始めてから、中国におけるホンダの顧客は累計で420万人を超えた。ホンダブースのテーマは、今年4月の北京モーターショーより開始したブランドコミュニケーション「 」を継続発信し、中国で新しい動きを起こし、新しい未来を切り開いていきたいという意味を込めた。また、世界初の自律行動制御技術を新たに搭載したヒューマノイドロボット「新型ASIMO」を海外で初めて出展した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.