> > 双日子会社、オランダの樹脂加工メーカーと提携し耐熱性バイオ樹脂を国内販売

双日子会社、オランダの樹脂加工メーカーと提携し耐熱性バイオ樹脂を国内販売

記事を保存
双日子会社、オランダの樹脂加工メーカーと提携し耐熱性バイオ樹脂を国内販売

双日プラネットは、オランダの大手樹脂加工メーカーであるシンブラ社と、日本を含むアジア圏に向けての耐熱性バイオ樹脂の販売を目的に提携したことを発表した。これは商業生産ベースでは世界初となり、世界に先駆けて年産5000MTキャパで商業生産を開始する。将来における代理店契約の締結に向け、まず双日プラネットが同製品のマーケティングを実施する。同社は、この提携によりグリーンケミカル戦略を加速化したい考えだ。

シンブラ社が生産するサトウキビ等の植物由来の耐熱性バイオ樹脂「シンテラ」は、従来のポリ乳酸より耐熱性に優れ「第二世代ポリ乳酸」とも呼ばれている。

従来のポリ乳酸は熱変形温度が50~60℃と低く、最終製品として使い捨ての包装資材、農業資材など用途が限られていたが、「シンテラ」は約120℃の熱変形温度を有し、機械強度と良好な加工適正を合わせ持っている。そのため、従来、自動車や家電・OA機器などに使用されていたポリスチレンやポリカーボネート、ABSなどの機能性樹脂を、植物由来に置き換えることが可能となる。

双日グループは、従来の石油由来樹脂において長年の取引実績があり、植物由来のグリーンケミカルの取り扱いについても、樹脂から加工製品までのサプライチェーン構築で培った販売ルートやノウハウを生かして取り組んでいる。2011年5月には、ブラジルの南米最大の化学メーカーであるブラスケム社から、同社が製造するサトウキビ由来のバイオプラスチック樹脂「グリーンポリエチレン」の販売代理権を獲得した。

また、2011年11月に米国のミリアント社と、生分解性樹脂などの原料となるバイオプラスチック樹脂原料「バイオコハク酸」の製造・販売に関して提携するなど、将来的に拡大する需要を見据え、植物由来の化学品・樹脂原料「グリーンケミカル」事業に注力している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.