> > オリックスなど、鹿児島県の空港跡地でメガソーラー 全国展開に向け始動

オリックスなど、鹿児島県の空港跡地でメガソーラー 全国展開に向け始動

記事を保存
オリックスなど、鹿児島県の空港跡地でメガソーラー 全国展開に向け始動

オリックスと九電工は、九州地区で大規模太陽光発電の共同事業を開始すると発表した。第一号案件として、枕崎空港(鹿児島県枕崎市)の跡地に最大出力8.5MW規模のメガソーラー発電所を設置する。年間予想発電量は、一般家庭約2,740世帯分の年間消費電力に相当する986万kWh。運転開始時期は2014年3月の予定。なお、空港跡地を活用したメガソーラー発電事業は全国初。

枕崎空港は、1991年1月に開港した日本初のコミューター空港。枕崎市は、空港の管理・運営におけるこれまでの歳出超過累積額や、今後の財政、市民への負担を考慮し、2012年度末で空港を廃止して跡地をメガソーラー事業者に貸し出すことを決定しており、今回オリックスと九電工が事業者として選定された。

今回の事業より、相互の営業基盤やオリックスが持つ金融サービスノウハウと九電工が有する技術力などの融合を図り、特に環境エネルギー関連事業においてより強固なパートナーシップ関係を構築していきたい考えだ。

また、地域への貢献策として、空港ターミナルビルを活用した発電所の見学スペースや太陽光発電の仕組みを学べる環境学習施設、天文観測所の設置などを計画している。

同時に、オリックスは全国17ヵ所で合計最大出力81.6MWの大規模太陽光発電所の開発に着手することを発表した。今回開発に着手するプロジェクトにおける年間の予想総発電量は9,048万kWhで、これは一般家庭約25,100世帯分の年間電力消費量に相当する。

また、企業や自治体などが保有する土地を賃借し、大規模太陽光発電所を建設する「メガソーラー発電事業」においては、3年以内に合計最大出力100MW(10万kW)の発電所の設置を目標に推進。企業や自治体などが保有する大型施設の屋根を賃借し、太陽光発電システムを設置する「屋根借り方式太陽光発電事業」においても、3年以内に合計最大出力100MW(10万kW)の設置を目指している。

オリックスのメガソーラー発電事業 プロジェクト計画一覧

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.