> > 三菱ふそうの小型電気トラック、高速道路の作業用車両に

三菱ふそうの小型電気トラック、高速道路の作業用車両に

記事を保存
三菱ふそうの小型電気トラック、高速道路の作業用車両に

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、中日本高速道路(NEXCO中日本)が実施する高速道路維持管理用電気自動車(EV)の研究開発車両として、小型電気トラック「キャンターE-CELL」1台を納入する。

今回の納入は、MFTBCが11月28日に発表した高速道路維持管理用EV(自走式標識車)及びワイヤレス給電システムの研究開発に基づくもの。自走式標識車の完成は2013年夏を予定している。

キャンターE-CELL は、小型トラック「キャンター」をベースにEV化した走行中のCO2排出がゼロで、地球環境に配慮したEV。2010年のIAA国際商用車ショーと2011年の東京モーターショーで初公開された。

当時発表した車両は、リチウムイオンバッテリー(40kWh)とモーター(出力70kW、最大トルク300Nm)を搭載し、10時間(200V)の充電で約120kmの走行を可能としている。新型車両の詳細については、車両公開時に発表される予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.