> > 秋田県のごみ処理施設、協和エクシオを代表とするSPCが長期運営業務を受託

秋田県のごみ処理施設、協和エクシオを代表とするSPCが長期運営業務を受託

記事を保存
秋田県のごみ処理施設、協和エクシオを代表とするSPCが長期運営業務を受託

協和エクシオ(東京都渋谷区)は、11月28日、同社を代表とする特別目的会社(SPC)「大仙美郷エコクリーン」が、秋田県大仙美郷環境事業組合とごみ処理施設などに関する長期包括運営業務委託事業の契約を締結したと発表した。

今回事業契約を締結した業務は、秋田県大仙市および美郷町から排出される一般廃棄物を処理するごみ処理施設「大仙美郷クリーンセンター」と一般廃棄物最終処分場に関する、運転業務および大規模修繕を含む維持管理業務を実施するもの。契約期間は平成25年4月から平成35年3月までの10年間。委託料は59億8,500万円(消費税及び地方消費税を含む)。

同組合では、施設での適正処理を前提として業務内容や経費の効率化を図ることを目的に、民間事業者に長期包括的に業務委託することを計画。

これを受け、同社は長年の廃棄物処理施設の運転・維持管理で培ってきた豊富な実績とノウハウをもとにSPC構成企業と共同で提案を実施し、優先交渉権者に選定され、今回の事業契約締結となった。SPCの構成企業として佐藤築炉工業(岩手県花巻市)、協力企業として、髙吉建設(秋田県大仙市)、戸嶋鉄工所(秋田県大仙市)が参画する。

同社では、廃棄物処理や水処理、再生可能エネルギー施設の建設および運転・維持管理業務などの環境事業を展開している。今回のSPCによる契約締結も含め、東北地方北部では岩手県八幡平市、青森県外ヶ浜町に続く3 件目の長期包括事業の受託となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.