> > 携帯からテレビやエアコンを遠隔操作 高性能コントローラで省エネ

携帯からテレビやエアコンを遠隔操作 高性能コントローラで省エネ

記事を保存

リモコンなどの電子機器商品の設計・製造・販売を手がけるヘルツ(新潟県)は、スマートフォンなどで家電機器を遠隔操作できる携帯電話リモコンスマートコントローラ「HPB-045ECO」を開発し、12月から販売を開始した。価格は9万5,800円。2013年に500台の販売を目指す。

同製品は、携帯電話やパソコン、スマートフォン等の通信機器を利用して、エアコン・照明・テレビ・オーディオ機器など赤外線リモコンを使って操作する家電を、外出先からインターネットを経由し操作することができる高性能コントローラ。

ランニングコストは電気代と通信料のみだが、インターネットに接続できるパソコンが必要。また、自宅以外からの操作にはインターネット回線がダイナミックDNSへの登録されている事も必要となる。

HPB-045ECOは付属の赤外線子機を家電の近くに取り付けることで、機器に信号が届いたことを携帯電話で確認できることが特徴。操作画面には家電の応答した時刻が表示されるため、最新の状態を確認できる。

また、親機には照度センサーや温度センサーを内蔵しており、その情報を操作画面から確認し、明るさや温度に応じた、照明やエアコンのオン・オフで省エネにも貢献することが可能だ。

Webカメラにも対応しており、外出先からペットの様子や室内の状況をリアルタイムに画像で確認することができるため、見守りや防犯に役立つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.