> > 日立、丸紅子会社から大分県の81.5MWメガソーラー建設を一括受注

日立、丸紅子会社から大分県の81.5MWメガソーラー建設を一括受注

記事を保存
日立、丸紅子会社から大分県の81.5MWメガソーラー建設を一括受注

日立製作所は、丸紅の子会社である大分ソーラーパワーより、同社が大分県に新設する81.5MWのメガソーラー発電システムについて、設計・調達・製造・据付・調整までを一括して受注した。81.5MWのメガソーラー発電システムは、日立がこれまで受注したメガソーラー発電システムとしては最大規模。

年間予想発電電力量は、一般家庭3万世帯分に相当する8,700万kWh。同システムによるCO2排出量削減効果は、年間約36,000トン。周辺の自然環境にも配慮したレイアウトとなっている。工事の本格着工は2013年1月、納期は2014年4月を予定。

同システムには日立が今春販売を開始した高効率パワーコンディショナーを使用し、晴れの日から曇りの日まで幅広い負荷状況で発電効率が大幅に向上。また、低負荷時に効率の高いアモルファス変圧器を組み合わせることで日本の天候に対応し、さらなる発電量増加を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.