> > 三井物産のメガソーラー約14MWはソーラーフロンティア製CIS薄膜

三井物産のメガソーラー約14MWはソーラーフロンティア製CIS薄膜

記事を保存

ソーラーフロンティアは、三井物産などが日本各地で建設を進める計14.1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)において、CIS薄膜太陽電池モジュールを受注したと発表した。

今回CIS薄膜太陽電池モジュールの設置が予定されているのは、山梨県甲斐市と韮崎市に計画されている「やまなしメガソーラー(仮称)(計10.3MW)」を始めとする合計4カ所のメガソーラー。計約9万2,000枚のCIS薄膜太陽電池モジュールを納入する。

三井物産などは90億円の投資額で、2013年度中に全国10カ所でメガソーラーを稼働させる予定で、今回設置されるプロジェクトはその一部。ソーラーフロンティアは、上記以外のメガソーラー案件についても現在三井物産などと交渉をすすめている。一部のプロジェクトでは既に11月上旬からパネル納入を開始しており、山梨県内の2つのプロジェクトへの納入も順次開始する予定。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油100%子会社で、独自技術により銅、インジウム、セレンを原料とするCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。同社のCIS薄膜太陽電池は、影や高温に強いことなどから実発電量が多く、高い経済性を期待できることを特長としている。同社では、今回のプロジェクトに選ばれた理由を、CIS薄膜太陽電池モジュールの実発電量の多さが評価されたためと捉えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.