> > ローソン、神奈川県に省エネ実験店舗で電力30%削減

ローソン、神奈川県に省エネ実験店舗で電力30%削減

 印刷 記事を保存

ローソンは、神奈川県海老名市に、店舗全体の電気使用量を2010年度対比で約30%削減できる省エネルギー実験店舗を12月7日にオープンする。

同社は、2008年5月から東京大学生産技術研究所と共同で、省エネ店舗の実験を行っており、新店舗には、太陽光発電やLED照明、ノンフロン型(CO2冷媒)冷凍冷蔵システムに加え、同研究所と共同開発した自然光・風・地中熱などの自然エネルギーを活用する最新設備を導入。

また、プレハブ工法をベースにしているため、建設コストも従来に比べ約15%削減した。今後は実験データを、ほかの店舗への導入や新規設備の開発にいかし、さらなる省エネを目指す。

主な環境配慮設備は、以下の通り。

(※全文:802文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.