> > GSユアサと三菱商事、チリ発電所に6.3MWhのリチウムイオン蓄電システム

GSユアサと三菱商事、チリ発電所に6.3MWhのリチウムイオン蓄電システム

記事を保存
GSユアサと三菱商事、チリ発電所に6.3MWhのリチウムイオン蓄電システム

GSユアサと三菱商事は、チリの「コクラン石炭火力発電所」向けに、最大出力20MWの運転予備用リチウムイオン電池約6.3MWhを納入する。リチウムイオン蓄電システムは、同発電所の蓄電システム一式を請け負う米国パーカー・ハネフィン・コーポレーションより三菱商事が受注、さらに三菱商事から機器製作をGSユアサが受注した。

リチウムイオン電池は、GSユアサ及び三菱商事の出資先であるリチウムエナジージャパンが製造、パーカー社Grid Tie Divisionがトータルリチウムイオン蓄電システムを構築する。最終的に40ftコンテナ10本に組み込まれた形で、発電所の隣接地に設置されることとなる。

同件は、海外における商業ベースで最大級の蓄電システムに日本製のリチウムイオン電池が採用された初めての案件。同件のような発電所の予備電力、あるいは再生可能エネルギーの増加に伴う電力系統の安定化対策として、大型リチウムイオン電池が担う役割は今後さらに大きくなるものと期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.