> > 博報堂、食料ロス・廃棄問題の解決を目指す共創型プロジェクトを発足、参加企業を募集

博報堂、食料ロス・廃棄問題の解決を目指す共創型プロジェクトを発足、参加企業を募集

記事を保存
博報堂、食料ロス・廃棄問題の解決を目指す共創型プロジェクトを発足、参加企業を募集

博報堂は、まだ食べられる食料がバリューチェーンの各段階においてロス・廃棄されている問題(フードロス)の解決をテーマとした「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」を発足させ、参加企業・団体の募集を開始すると発表した。

本プロジェクトでは、多様な領域の関係者が集まり、共に考え、共に創る「共創型プロジェクト」として、全体視点から課題解決のためのアクションの創出を目指す。

また、同社が開発した「マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム『bemo』(ベモ)」の手法を用いて、本プロジェクトを推進する。参加企業・団体の募集は、2012年12月末までを第一次募集期間とし、2013年1月よりプロジェクトを本格的に開始する計画だ。

本プロジェクトの特徴は下記3点。

  1. 参加型・共創型アプローチによりソーシャルイノベーションを実現
  2. 社会課題のソリューションを事業・ビジネスと結び付ける
  3. フードロスに関する最新の情報とネットワーク
  4. 同社では、生産から消費までの各段階が複雑かつ密接に影響しあっている「フードロス」の問題に対しては、生活者や企業、生産者、NPO、学識者などの多様な領域の関係者(マルチステークホルダー)で取り組み、システム全体を学ぶことを通じてこそ、新しく生まれる解決策やイノベーションがあるはず、と考えている。

    「マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム『bemo』(ベモ)」は、一組織・一企業単位では解決できない社会課題に対し、関係するマルチステークホルダーが共創的に取り組むことで、システム全体を改善しながら、それぞれのステークホルダーにも利する事業モデルを生みだそうとするプロジェクト手法。

    本プロジェクトでは、『bemo』」の手法を用いて、農業・漁業生産、加工メーカー、流通、小売などの"食のバリューチェーン"に関わるさまざまな企業や組織と、食に関する専門的知見を有する行政、NPO、大学などの各種関係者が一堂に会して、知恵やリソースをそれぞれの専門領域から持ち寄り、自分たちの社会に必要な仕組みを共に考え、共に創ることで、フードロスの解決方法を探る。

    プロジェクトの実行委員会は、大軒恵美子氏(国連食糧農業機関(FAO)日本事務所企画官)、世界の飢餓問題の解決を目的に活動するNPO法人ハンガー・フリー・ワールド、社会システムのデザインを研究する慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所ソーシャルデザインセンター等を中心として編成する。同社は運営事務局として、プロジェクト全体のコーディネート、ファシリテーションの役割を担う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.