> > 先進国から途上国へのクリーンエネルギー投資は、わずか年間80億ドルに留まる

先進国から途上国へのクリーンエネルギー投資は、わずか年間80億ドルに留まる

 印刷 記事を保存

(12月4日、ブルームバーグ)

ドーハで開催されているUNFCCC COP18会議で世界中からの参加者が気候に関する交渉を進める中で、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスから公表された報告書によれば、2011年に大規模なクリーンエネルギー発電およびバイオ燃料生産の開発促進のために先進国から途上国に供給された資金は、わずか80億ドルに留まったことが分かった。

これは、2009年のコペンハーゲンでのCOP会議で先進国が約束した、2020年まで実施するとする年間1000億ドルのクロスボーダー投資(CBI)の8%にあたる。この約束は、その後のカンクンとダーバンでのCOP会議でも確認されている。

報告書の主な結論:2011年に投資された2800億ドルの新クリーンエネルギー基金のうち、再生可能発電プロジェクトおよびバイオ燃料プラントへのアセットファイナンスは1650億ドル(60%)に上った。アセットファイナンスの3分の2以上(1150億ドル)が、国内の出資者、すなわち自国市場に投資する企業からの資金であった。国外への投資は443億ドルであった。

(※全文:1,801文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.