> > 凸版印刷など、1,000世帯でHEMSデータを有効利用するための調査事業

凸版印刷など、1,000世帯でHEMSデータを有効利用するための調査事業

記事を保存

凸版印刷、早稲田環境研究所、積水化学の3社は共同で、スマートシティにおいて、CO2排出量やエネルギー消費量を「見える化」することができるHEMS(Home Energy Management System)を有効利用できる手法を検証するための調査事業を実施すると発表した。

本事業では、HEMSを通じてより効果的なCO2削減アドバイスを生活者に提供していくとともに、CO2削減ポイントといったインセンティブを付与することができる自立的なシステムモデルの早期構築を目指す。

また、インセンティブの付与やデータの継続的な収集に対する原資は、大量のHEMS分析データを利用する企業からデータ利用料として得るモデルを想定している。2012年12月中旬から本格的に開始する。

本事業は、環境省「平成24年度HEMS利用の付加価値向上のための調査事業」として、3年間の継続事業として実施するもので、「低炭素ライフスタイルの定着」に向け、HEMSの普及促進と継続利用を促す自立的なシステムモデルの早期構築、およびHEMSデータの利活用の可能性を検証する。

また、本事業は、「HEMSサービスの価値向上に向けた調査」、「HEMSデータの有効利用に向けた分析」、「大規模なHEMSデータ利活用と情報保護のあり方の検討」、「HEMSの普及促進と継続利用を促す自立的なシステムモデルの構築」、「HEMSを用いた対面診断の効果検証」の6つの柱からなる。

具体的な取り組みとしては、全国のエネルギー消費傾向を整理するために、すでにHEMSを設定している世帯から約1,000世帯程度のモニターを募集し、データを幅広く収集する。

HEMSサービスの調査では、HEMS事業者の市場動向を整理するとともに、HEMSを導入する生活者へのヒアリングによって、より効果的なCO2削減アドバイスを行う。

さらに、流通の商品・チラシ情報をはじめとする生活必需情報や娯楽といった生活に密着したサービスにエネルギー情報を付加。これによりHEMS導入のモチベーションが高まるとともに、継続利用が促進されるという仮説を検証する。

また、企業によるHEMSデータの利活用を想定し、「人の所属(家族構成・役割)」に着目したHEMSデータの分析を行う。具体的には、家庭におけるエネルギー削減ポテンシャルの推定や、エネルギーデータも含めたライフログ情報の分析を通じて「効果的なCO2削減のための情報提供」や「インセンティブ(CO2削減ポイント)の付与」、「企業のマーケティング」で有効利用できる手法開発を目指す。

---

本事業における3社の役割は以下の通り。

凸版印刷は、従来から取り組んでいる「情報加工」、「情報管理」、「情報提供」のノウハウを活かし、HEMSサービスの価値向上や大規模なHEMSデータの利活用・情報保護など、事業全体のサポートを行う。また、企業のカスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)やキャンペーン事務局業務のノウハウを活用し、家庭での省エネ行動を動機づけるモチベーション向上施策など、生活者の消費行動変容につなげるコミュニケーション手法やプロモーション施策を支援する。

早稲田環境研究所は、HEMSデータの有効利用に向けて、家庭のエネルギー削減ポテンシャルの算出や、HEMSデータのライフログ化など、高度な分析を行う。

積水化学は、新築住宅へHEMS標準搭載を行ってきた実績を活かし、環境省が推進する家庭向けの省CO2診断(対面診断)の効果をHEMSデータを用いて検証するとともに、HEMSデータを基にして住まい手へ省エネ提案を実施する手法などを検討する。

3社は、本事業での活動を通じて、スマートシティで取り扱われるさまざまなデータの利活用について、その可能性を検討・提案していく。

---

CO2排出量やエネルギー消費量は、「見える化」することによって、5~10%のCO2削減効果があるといわれており、家庭のエネルギー消費データを継続的に集約し、その情報を「見える化」することができるHEMSの役割が重要となっている。

一方で、HEMSの普及や、保有時の活用はまだ十分ではないという課題がある。これらの課題を解決するために、HEMSの普及ならびに継続利用を促す仕組みが必要とされていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.