> > 白色LEDパッケージ世界市場は照明用途が牽引、高光束品が高成長

白色LEDパッケージ世界市場は照明用途が牽引、高光束品が高成長

記事を保存
白色LEDパッケージ世界市場は照明用途が牽引、高光束品が高成長

矢野経済研究所は、白色LEDパッケージの世界市場について調査した結果を発表した。本レポートによると、今後、白色LEDパッケージ世界市場規模は、数量ベースでは照明用途を中心に大きく増加する見通し。しかし、それと同時に1セットあたりの白色LEDパッケージ使用個数の減少とパッケージ単価の低下はこれまで以上大幅に進むことになる。

そのため、2012年の白色LEDパッケージ世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、伸び率が一桁成長にとどまり、対前年比107.9%の5,773億4,900万円となる見込み。また、2012年から2015年までの年平均成長率(CAGR)は4.4%で推移し、2015年の同世界市場規模は2011年比1.2倍の6,575億7,900万円まで成長すると予測する。

白色LEDパッケージ世界市場を需要用途(アプリケーション)別にみると、2012年の照明用市場は液晶バックライト用以上に急激な価格低下が進んだものの、LED照明器具市場の大幅な成長を背景に対前年比124.6%の成長となる。とはいえ、照明用市場は、近年、高成長の勢いが減速し、LED照明器具市場が高い成長を続けているにもかかわらず、これとの差が大きくなっている。また、LED照明器具に使われる白色LEDパッケージの種類は多岐にわたるが、成長性もこのパッケージタイプで異なる。

白色LEDパッケージを低光束品(1W未満)と高光束品(1W以上)に大別し、金額ベースで今後の成長性をみると、高光束品が大きく上回り、年々低光束品との差を広げる形になると予測する。

スペース制約が比較的緩い直管蛍光灯型照明器具などでは、1個あたりの光束が少ない白色LEDパッケージを必要な数だけ搭載すれば良い。これら低光束品は既に他の用途で大量に、かつ多くのプレーヤーが生産しているのでパッケージ単価の低下スピードも速い。

一方、ダウンライトなど限られた光源面積で高い光束が求められる照明器具では、高光束なパッケージでないと必要な光束が得られないが、これを高い効率と共に実現できる白色LEDパッケージメーカーは限られている。

一方、液晶バックライト用市場では液晶テレビにおけるLEDバックライト搭載率の高まりやタブレットPC市場の伸長などがあったものの、対前年比103.0%の小幅成長になる見込み。液晶テレビの世界市場におけるLEDバックライト搭載率(数量ベース)は2011年に49%、2012年には67%となる見込み。今後、2015年に向けて同比率は100%に近づくが、2013年以降は液晶テレビのローエンド製品に対するLEDバックライト化を進める必要がある。

LED液晶バックライトの方式には、LEDをパネル側面(片側のみ、2面あるいは4面)に配置したエッジ型と、パネル直下に配置した直下型がある。ローエンドの液晶テレビで主に採用されるバックライトは、従来主流のエッジ型ではなく直下型になり、また、直下型も従来型と違い、白色LEDパッケージのコスト(使用数×価格)やその他部材などを合わせたトータルコストを大幅に削減した「低価格直下型」と呼ばれるものになると考える。

この低価格直下型白色LEDパッケージの伸長を背景に液晶テレビのLEDバックライト搭載はさらに進むことになる。同時に、1台あたりの白色LEDパッケージ使用数量は大幅に減少し、これにパッケージ単価の低下を加味すると液晶テレビ用白色LEDパッケージ市場規模(メーカー出荷金額ベース)は2013から縮小に転じることになると予測する。

白色LEDパッケージとは、LEDチップと蛍光体をリードフレーム(金属板)や樹脂ケースなどに封入し、基板を実装し易くした電子部品をさす。本調査における白色LEDパッケージ市場では、「液晶バックライト」「照明」「車載、その他」の3つのアプリケーションに区分し、算出した。本調査期間は2012年5月~11月。調査対象は日本、欧米、韓国、台湾、中国などの白色LEDチップメーカー、パッケージメーカー。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.