> > 北海道地域におけるメガソーラーのシェアは27.5%、建設動向と課題を公表

北海道地域におけるメガソーラーのシェアは27.5%、建設動向と課題を公表

記事を保存
北海道地域におけるメガソーラーのシェアは27.5%、建設動向と課題を公表

経済産業省北海道経済産業局は、北海道地域におけるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設動向と課題についてとりまとめた。

また、認定を行ったメガソーラーの概要を併せて公表した。

規模の構成

7月より、再生可能エネルギー固定価格買取制度がスタートし、11月末時点での太陽光発電設備に関する認定は全国で18万7,239件(326万2,283kW)、そのうち北海道内で3,106件(45万735kW)となっている。

全国、北海道ともに認定件数では住宅用等の小規模設備(10kW未満)が大半を占めるが、認定出力では売電収入を生業とする中規模・大規模設備(10kW以上)が大半を占める。

特に北海道地域は、全国における件数のシェアが1.7%と低く、出力のシェアが13.8%と高くなっている。特に1,000kw以上のメガソーラーのシェアが27.5%と高い。

また、北海道の特徴として、住宅用等の10kW未満の小規模設備の割合が特に少なく、設備規模10kW以上の中でも1万kW以上の超大規模開発の発電設備が60.5%と大半を占めることをあげる。日射量が多い道東、胆振地域に集中的に計画地点が存在している。


事業者の構成

中規模(10kW以上)以上の発電設備について発電事業者の構成をみると、562件中、個人による設置も175件(構成比31.1%)存在するが、開発規模は100kWが1件、それ以外は50kw未満の規模となっている。

発電事業者の構成出力及び比率(12月10日現在) - 環境ビジネスオンライン 発電事業者の構成件数及び構成比(12月10日現在) - 環境ビジネスオンライン

中規模・大規模(10kW以上10,000kW未満)では道内事業者が大半を占めるが、1万kW以上の超大規模開発は12件中9件(75%)が道外事業者による開発案件である。

これまで(12月10日)に認定した計画が実行されることによる太陽光発電の建設投資総額は1,670億円前後と推計している。内訳としては、道外企業等によるものが66.4%を占め、道内企業等(31.2%)を大きく上回る。海外企業等による開発投資は1.7%。


施工事業者と太陽電池メーカーの構成

太陽電池パネル調達の国内外構成(12月10日現在) - 環境ビジネスオンライン

太陽電池パネル調達の国内外構成(12月10日現在)

中規模(10kW以上)以上の発電設備について施工事業者と太陽電池メーカーの構成をみると、発電事業者が発注を予定している施工業者(一次受け)の内訳は全体の66.4%の施工量が道外事業者。

中規模クラスの発電設備(10kW以上1,000kW未満)では、道内の施工事業者への発注割合が48.3%と約半数の比率となっている。

建設費の約4割を占める太陽電池パネル調達の国内外比率は、超大規模開発で国産製品の使用が多い(75%)ことが国内メーカーのシェアを押し上げる要因となっている。

施工事業者の構成(12月10日現在) - 環境ビジネスオンライン

施工事業者の構成(12月10日現在)


2013年後半から、1万kW以上の超大規模発電設備が運転開始を始める計画となっているため、これ以降急速に発電設備出力が拡大する。11月までに認定した発電設備のほとんどが2014年までに建設完了する計画となっており、これ以降発電事業者は売電を開始する予定。これらの計画が予定通りに進捗すれば、道内のメガソーラー業界全体で2014年以降年間約212億円の収入が発生すると推計される。

再生エネルギー利用の拡大に向けての課題として、「事業参加による地産地益」「将来の電力地産地消」「太陽電池の品質や保証条件等を検証し発電効率を維持(事業継続性・採算性の確保)」「送配電線への接続拡大」の4点をあげた。具体的な内容は以下の通り。

事業参加による地産地益

地域に賦存する再生エネルギーの価値を地域に還元(地産地益)していくためには、用地提供に終始することなく建設工事や事業計画に参加・関与することが重要。

将来の電力地産地消

災害・停電等の緊急時のライフラインや生活基盤としての電力、日常生活や経済活動を支える地産地消の電力として地域内で利用していくためのモデルとなるしくみを検討し、買取期間終了後も見据えて将来設計していくことが重要。

事業継続性・採算性の確保

中規模の開発案件では廉価な海外製品を調達する計画も増加傾向しているが、再生可能エネルギー導入先進国において、設備の経年使用に伴う出力低下の問題が顕在化し始めており、出力保証や保険の条件・範囲等を検証し事業継続性・採算性を確認することが重要。

送配電線への接続拡大

送配電線への接続容量を拡大していくために、太陽光の急激な出力変動による送配電線への影響に対処する大型蓄電池導入の実証や技術開発を電力会社、発電事業者が協力して進めていくこと、そして、大型発電設備の接続要件として出力抑制範囲が拡大されることも視野に入れて計画を検討することも重要だと指摘する。

認定された中規模以上の事業

2012年9月末認定までのものを対象に公表について了解が得られた、中規模以上の認定概要(事業者名、発電設備名、計画地点、認定出力)を掲載した。

事業者名 発電設備名 計画地点 認定出力(kW)
1 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
2 ソーラーウェイ株式会社 北海道厚岸郡白浜 厚岸町 780
3 ソーラーウェイ株式会社 安平町遠浅 安平町 1,491.70
4 ソーラーウェイ株式会社 北海道元紋別 紋別市 1,386.00
5 ソーラーウェイ株式会社 北海道豊頃町佐々田 豊頃町 598
6 株式会社サンパワーエイコウ 愛国太陽光 帯広市 1,999.20
7 株式会社ユーラスエナジー白糠 白糠太陽光 白糠町 30,000.00
8 ほくでんエコエナジー株式会社 池田太陽光 池田町 1,500.40
9 ほくでんエコエナジー株式会社 本別太陽光 本別町 1,500.40
10 株式会社マイティー マイティー大樹ソーラー 大樹町 848.6
11 株式会社マイティー マイティー尺別ソーラー 釧路市 800
12 株式会社マイティー マイティー池田川合ソーラー 池田町 999.6
13 陽気堂クリエート工業株式会社 北見市常呂森林公園メガソーラー 北見市 1,500.00
38 株式会社エネコープ コープ・市民ソーラーとかち南町 帯広市 1,000.00
14 陽気堂クリエート工業株式会社 湧別町上湧別屯田市街地メガソーラー 湧別町 1,500.00
39 株式会社エネコープ コープ・市民ソーラーとかち川西 帯広市 748.6
15 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
16 三井物産株式会社 オホーツク網走ソーラー 網走市 1,250.00
17 三井物産株式会社 北海道厚真町ソーラー 厚真町 1,000.00
18 有限会社浅井建材 幕別千住ソーラー 幕別町 1,000.00
19 シャープ株式会社 苫小牧柏原第一太陽光 苫小牧市 1,990.00
20 シャープ株式会社 苫小牧柏原第二太陽光 苫小牧市 1,990.00
21 株式会社アルムシステム 幕別工業団地太陽光 幕別町 431.9
22 株式会社アルムシステム 幕別明野太陽光 幕別町 1,477.90
23 株式会社ティー・ワイ 株式会社ティー・ワイ太陽光 帯広市 1,205.70
24 有限会社ワタナベ企画 池田太陽光 池田町 900
25 シャープ株式会社 標津川北太陽光 標津町 8,000.00
26 (個人) 100
27 JAG北海道ソーラー開発合同会社 星が浦ソーラーウェイ 釧路市 1,477.00
28 JAG北海道ソーラー開発合同会社 幕別ソーラーウェイ 幕別町 747
29 JAG北海道ソーラー開発合同会社 中札内ソーラーウェイ 中札内村 1,500.00
30 JAG北海道ソーラー開発合同会社 本別ソーラーウェイ 本別町 977
31 株式会社コールヒューマン 美幌町メガソーラー 美幌町 1,000.00
32 一般社団法人ソーラーパワー1 SP1釧路音別メガソーラー太陽光 釧路市 20,000.00
33 オリックス株式会社 オリックス白老町メガソーラー 白老町 17,000.00
34 株式会社土屋ホールディングス さとらんど隣接地メガソーラー 札幌市 1,989.50
35 工藤建材工業株式会社 工藤建材工業太陽光 苫小牧市 994.5
36 KSコーポレーション北海道株式会社 北見美園メガソーラー 北見市 1,500.00
37 三井不動産株式会社 三井不動産苫小牧太陽光 苫小牧市 19,000.00
40 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
41 苫東ソーラーパーク株式会社 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) 79,000.00
42 JAG北海道ソーラー開発合同会社 音別ソーラーウェイ 釧路市 500
43 株式会社柳月 柳月スイートピアガーデン 音更町 999
44 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
45 日本再生トラスト合同会社 スマートファーム浦河ソーラー 浦河町 1,001.40
46 小野水産 小野水産紋別市渚滑町8丁目太陽光 紋別市 1,000.00
47 ロイヤルリース株式会社 シネマックス北見ソーラー 北見市 1,952.20
48 宮本商産株式会社 宮本商産株式会社幕別太陽光 幕別町 1,495.00
49 小野水産 小野水産紋別市渚滑町1丁目太陽光 紋別市 500
50 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
51 株式会社アルムシステム 株式会社アルムシステム芽室太陽光 芽室町 100
52 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
53 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
54 十勝北乃夢牧場株式会社 十勝北乃夢ソーラー 新得町 359.1
55 シャープ株式会社 苫小牧柏原第三太陽光 苫小牧市 38,000.00
56 札幌市長 札幌中央卸売市場太陽光 札幌市 327.1
57 道東電機株式会社 江別市ノーザンフロンティア 江別市 1,500.00
58 上野グリーンソリューションズ株式会社 上野グリーンソリューションズ株式会社苫小牧太陽光 苫小牧市 197.9
59 郵船商事株式会社 北海道八雲太陽光 八雲町 1,999.20
60 株式会社緑機工運輸 緑機工運輸 北見市 (再検討中)
61 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
62 Sky Solar japan株式会社 余市町浜中町太陽光 余市町 1,989.10
63 Sky Solar japan株式会社 上士幌町字上士幌東太陽光 上士幌町 500
64 Sky Solar japan株式会社 むかわ町洋光太陽光 むかわ町 1,000.00
65 アライ地所株式会社 アライ地所洞爺湖町太陽光 洞爺湖町 1,000.00
66 株式会社EZOX EZOXソーラー 斜里町 100
67 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
68 MSF株式会社 (非公表 ※関係者協議中のため) 更別村 (非公表)
69 株式会社オカモト 株式会社オカモト白糠町庶路太陽光 白糠町 1,260.00
70 株式会社オカモト 株式会社オカモト幕別町相川太陽光 幕別町 1,855.00
71 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
72 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
73 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
74 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
75 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
76 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
77 (非公表 ※詳細検討中のため) (同左) (同左) (同左)
78 (非公表 ※関係者協議中のため) (同左) (同左) (同左)
79 Sky Solar Japan株式会社 斜里郡清里町 清里町 1,000.00
80 株式会社エネサンス北海道 エネサンス北海道北見 北見市 150

1万kW以上の超大規模な計画としては、ユーラスエナジーによる「白糠白糠太陽光」(白糠町、認定出力3万kW)、一般社団法人ソーラーパワー1による「SP1釧路音別メガソーラー太陽光」(釧路市、認定出力2万kW)、オリックスによる「オリックス白老町メガソーラー」(白老町、認定出力1万7,000kW)、三井不動産による「三井不動産苫小牧太陽光」(苫小牧市、認定出力1万9,000kW)、苫東ソーラーパークによるメガソーラー(設備名は関係者協議中のため非公表)(同左、7万9,000kW)、シャープによる「苫小牧柏原第三太陽光」(苫小牧市、認定出力3万8,000kW)がある。

【参考】
北海道経済産業局 - メガソーラーの建設動向と課題について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.