> > 耐熱・透明フィルム関連市場、太陽電池・照明用途で成長

耐熱・透明フィルム関連市場、太陽電池・照明用途で成長

富士経済は、耐熱・透明フィルム/シート及びコーティング材の有望市場を調査し、その結果を報告書「2013 耐熱・透明フィルム/シートとコーティング材の用途探索」として発表した。

同調査によると、COPフィルム(原反フィルム)は、2011年比154.9%の220億円で、タッチパネル用、中小型ディスプレイ向けに採用スタート。FPD用ITOターゲット材(コーティング材)は、2011年比157.5%の940億円で、中国など新興国で需要増。ITOフィルム(機能性フィルム)は2011年比107.5%の459億円で、タッチパネルに加え電子ペーパーが有望。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.