> > GSユアサの蓄電池システム、近畿車輌の自己充電型バッテリ電車に採用

GSユアサの蓄電池システム、近畿車輌の自己充電型バッテリ電車に採用

記事を保存
GSユアサの蓄電池システム、近畿車輌の自己充電型バッテリ電車に採用

GSユアサは、同社が製造・販売している産業用リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」を活用した車両駆動用蓄電池システムが、近畿車輌開発の自己充電型バッテリ電車「Smart BEST」に採用されたと発表した。

同システムは、鉄道車両に必要な大電流充放電特性に優れたGSユアサのリチウムイオン電池と、近畿車輌の高度な車両技術の組み合わせにより誕生したもの。

リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」 - 環境ビジネスオンライン

リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」

「LIM30H-8A」は、最大許容電流600A、連続通電電流100Aでの安定した充放電性能を実現した軽量・コンパクトなリチウムイオン電池モジュール。内部抵抗を低減することにより高い入出力性能と長寿命性能を実現。また、電池の状態を常時監視する電池監視装置を標準装備している。

「Smart BEST」は、動力源として小型ディーゼルエンジン発電機と大容量のリチウムイオン電池を組み合わせたシステムで構成。大容量のバッテリ電源で駆動走行し、バッテリが放電した分だけを小型のエンジン発電機により効率よく充電できる。

その結果、従来型のディーゼルエンジン車両と比較して1両あたりのエンジン出力を1/3~1/4程度まで低減することが可能となった。

現在、蓄電池を搭載した環境対応型の鉄道車両はさまざまな鉄道事業者により実証試験等の検討が進められており、今後は量産車としての運用が拡大することが予想される。

GSユアサは、産業用リチウムイオン電池を鉄道車両や定置型鉄道用電力貯蔵装置等に普及させることにより、環境負荷低減に貢献していきたい考えだ。

リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」の仕様 - 環境ビジネスオンライン

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.