> > 鹿児島県垂水市に、新開発の降灰対策パネルを利用したメガソーラー

鹿児島県垂水市に、新開発の降灰対策パネルを利用したメガソーラー

 印刷 記事を保存

リニューアブル・ジャパンは、鹿児島県垂水市の協力により市有地を借り受け、メガソーラー「垂水市高峠太陽光発電所」を設置すると発表した。垂水市高峠の南向き斜面約11万8千平方メートルにソーラーパネルを約4万枚設置。最大出力8.8MW、年間約760万kWh(市内一般家庭換算で約2,700世帯分)の発電量を予定。

売電先である九州電力との間で協議が整い次第、本格的に着工する。着工は平成25年3月、商業運転開始は平成26年3月を目指す。同社は、同事業の推進により垂水市における新たな雇用の創出と継続的な経済活性化に貢献し、企業理念である「立地自治体との共存共栄」を実現したい考えだ。

(※全文:939文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.