> > 鹿児島県垂水市に、新開発の降灰対策パネルを利用したメガソーラー

鹿児島県垂水市に、新開発の降灰対策パネルを利用したメガソーラー

記事を保存

リニューアブル・ジャパンは、鹿児島県垂水市の協力により市有地を借り受け、メガソーラー「垂水市高峠太陽光発電所」を設置すると発表した。垂水市高峠の南向き斜面約11万8千平方メートルにソーラーパネルを約4万枚設置。最大出力8.8MW、年間約760万kWh(市内一般家庭換算で約2,700世帯分)の発電量を予定。

売電先である九州電力との間で協議が整い次第、本格的に着工する。着工は平成25年3月、商業運転開始は平成26年3月を目指す。同社は、同事業の推進により垂水市における新たな雇用の創出と継続的な経済活性化に貢献し、企業理念である「立地自治体との共存共栄」を実現したい考えだ。

垂水市は桜島からの降灰の影響を受けるため、従来は「日射量が豊富であっても太陽光発電には不利である」と考えられてきた。そこで、同社とパネルメーカーが共同で「降灰」の実物を詳細に研究した結果、特殊なシーリング加工の組み合わせとパネル部材の形状への工夫を施すことにより、桜島の降灰にも耐え得る独自の「降灰対策パネル」を新たに開発することに成功した。

同パネルを使用することにより、降灰による発電量への影響を軽減するとともに、降灰に対する施設管理の簡易化を図ることが可能となり、降灰地域においても長期にわたり安定的な発電が見込めることとなった。

また、現在、国内の太陽光発電所の建設にかかる資金調達方法は、スポンサー企業の信用力を使った従来的な「一般貸金」ないしは「リミテッド・リコース」というファイナンス方式が一般的だ。しかし、同事業では同社ファイナンス部門の金融制度設計における深い知識と豊富な経験を活用し、欧米においては既に一般的となっている「銀行のノンリコース・ローンによるプロジェクト・ファイナンス方式」で資金調達を行うことに成功した。

将来的には鹿児島大学と連携し、次世代を担う若者達とともに、垂水市においてさらに数カ所のメガソーラー発電所(各2MWクラス)の建設、小・中力風力発電所の建設、小水力発電所の建設、市内住宅への太陽光発電システム普及促進などを行い、未来に向けた継続的な経済効果を維持してゆくことを計画している。

なお、リニューアブル・ジャパンは、自治体による再生可能エネルギー発電事業を企画から運営まで一貫してサポートする企業。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.