> > パナソニック、LED照明で清水寺をライトアップ 独自の設計手法を採用

パナソニック、LED照明で清水寺をライトアップ 独自の設計手法を採用

記事を保存
パナソニック、LED照明で清水寺をライトアップ 独自の設計手法を採用

パナソニックは、12月31日の大晦日に世界遺産の清水寺の鐘楼をはじめ、仁王門、西門を、同社のLED照明を用いてライトアップすると発表した。

今回のLED照明によるライトアップでは、同社が独自に開発した、人が感じる明るさ感や、光のメリハリ度の新しい設計手法を用いた。

これらを多彩に組み合わせることで光の印象を演出し、清水寺に情感豊かな夜景を創りだした。

また、同社はLED電球817個を清水寺に奉納し、本堂をはじめ、成就院、宝蔵殿も兼ねた大講堂など13カ所をLED電球に交換した。

夜間の屋外のように暗い空間では、明るさ感が同じでも光のメリハリ度によって人が感じる空間の印象は大きく異なる。そこで、同社は空間の明るさ感を数値化した指標「Feu(フー)」、光のメリハリ度を数値化した指標「V(ヴィー)」を組み合わせた、新しい設計手法「Feu×V」を開発。

屋外では、安心できる適切な空間の明るさ感を確保しながら、光のメリハリ度を組み合わせることで、「落ち着きのある空間」にするか、「賑わいのある空間」にするか、という2つの雰囲気を定量化できるようにした。

具体的には、縦軸には明るさ感Feu、横軸にはメリハリ度Vの値を配置した「Feu×Vによる雰囲気評価マトリクス」で、人の心理評価実験により、落ち着きと賑わいを感じるゾーンが存在することがわかった。この範囲を意図したシミュレーションを行うことで、人の心理に近い正確な設計が可能になった。

Feu×Vによる雰囲気評価マトリクス

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.