> > 三井石油開発、北海道、秋田県で地熱発電に向けた共同調査事業へ参画

三井石油開発、北海道、秋田県で地熱発電に向けた共同調査事業へ参画

 印刷 記事を保存

三井石油開発は、出光興産と国際石油開発帝石が北海道阿女鱒岳地域(赤井川村・札幌市)および秋田県小安地域(湯沢市)において実施する地熱発電に向けた共同調査に参画すると発表した。

同社は1969年の創立以来、石油・天然ガスの探鉱・開発・生産事業を推進してきた。地下資源の探査・開発で培ったノウハウ、経験を活かした新たな挑戦として、今回、初めて地熱事業に参画する。本共同調査においては、さらなる調査、評価作業を進め、同地域における地熱発電の事業可能性を検討していく。今後も再生可能エネルギーの一つである地熱発電に着目し、事業領域の拡大を目指すとともに、国内外において、自然環境に配慮し、地域の理解を得ながら、事業を推進していく考えだ。

(※全文:869文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.