> > 宮崎県串間市に6万kW級の風力発電 九州電力と九電工がEIAに着手

宮崎県串間市に6万kW級の風力発電 九州電力と九電工がEIAに着手

記事を保存
宮崎県串間市に6万kW級の風力発電 九州電力と九電工がEIAに着手

九州電力と九電工は、宮崎県串間市において両社が共同出資する事業会社を設立し、風力発電事業に向けた環境影響評価に着手する。

両社は今月下旬に事業会社 串間ウインドヒル株式会社を設立。発電所名は串間風力発電所(仮称)とし、平成25年~平成28年に環境影響評価を実施する予定。平成28年に建設工事を開始し、平成31年に営業運転を開始する。

開発規模は2,000~2,500kW級の風車を27基程度設置し、6万kW級となる予定。なお、両社共同による風力開発は、長島風力発電所に続いて2地点目となる。

【参考】
九州電力 - 串間市における風力発電事業を目的とした事業会社の設立及び環境影響評価の着手について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.