> > 三菱商事、08~12年のCO2排出量を全量相殺 「カーボンニュートラル」達成

三菱商事、08~12年のCO2排出量を全量相殺 「カーボンニュートラル」達成

記事を保存

三菱商事は、京都議定書第一約束期間(2008年~2012年)の国内を対象とした事業活動において「カーボンニュートラル」を達成したと発表した。

オフィス活動や営業活動における省エネ・エネルギー効率化の推進に取り組むとともに、クリーン開発メカニズム(CDM)のルールに従って排出を削減したCO2量に基づいて発行される、国連認証のクレジットを購入することで、同期間のCO2排出43万トンを相殺した。

CO2排出量43万トンの内訳は、オフィスの電力使用等7万トン、物流輸送36万トン。CDMは、主に水力・風力発電等の再生可能エネルギー事業で創出された排出クレジットを購入・行使した。

CDMは、京都議定書で規定された市場メカニズムを活用する対応策の一つ。途上国(非付属書Ⅰ国)で温暖化対策のプロジェクトを行い、このプロジェクトを実施しなかった場合と比べて、追加的な排出削減があった場合、その排出削減量に対してCER(クレジット)が発行される。

CERは先進国(付属書I国)の排出削減目標達成に用いることができる。CDMプロジェクトは、先進国の進んだ環境対策技術・省エネルギー技術等の移転促進により、途上国の持続可能な発展を目指すという、もう一つの目標を有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.